勝つためのノウハウ

スイングトレードの武器 ライントレードをやってみよう 

投稿日:

相場を判断する手法に、ラインを引いて判断する方法があります。

その手法は、一般的に、ライントレードと呼ばれます。

ライントレードは、線を引くだけのシンプルな方法です。

でも、ラインを引くだけで、今の状況が冷静に見れるようになる効果があります。

私のブログでも、チャートにいろいろ線を引いて、「ここを超えたので買い」などを書いています。

ライントレードを始めると、負ける確率が下がります。それは無駄なエントリーや、損切りの遅れを減らせるからです。

今回は、まずはライントレードの基本について書きたいと思います。

ライントレードとは

ライントレードとは、線を引いて相場を確認する取引手法のことです。

ではどうやってラインを引くのでしょうか。

最も簡単なのは、水平線を引く方法です。

さらにトレンドの方向などを考えるときに、斜め方向に引くこともありますが、まずは基本を書きたいと思います。

ラインの引き方

適当にお願いします(笑)

いや本当にそうなんですよ。まずは、適当にいろいろ引いてみてください。

引いてみて、チャートの変化する箇所に、たくさん絡んでいるラインが、有効なラインです。

ひげがある場合、私はひげは無視します。

例えば、マザーズ指数を見てみましょう。

マザーㇲ指数の動きを見ると、チャートが反転しているところが、そろっている気がしませんか。

そこを結ぶとラインになります。

ラインを引くと、どこが抵抗になって下げ止まっているかわかりやすいですよね。

引いてみて、ピンときたラインが、有効なラインです。

特に①のラインは、最初は下げ止まりのライン(サポートライン)だったのが、後半は、②のラインで反射して戻ったローソク足を跳ね返す抵抗線(レジスタンスライン)になっているのが分かると思います。

だからトレードするときは、反転上昇を期待するなら各ラインまで落ちてくるの待って、買いを入れる。そして上のラインまで上がったら売れば、安全に利益をとれますね。

または支えていたラインを下回った時に売りを入れれば、そのまま下がって、利益を襟獲得できます。

ラインを使った基本的判断

判断は単純です。

・ラインで下げないように支えられている時は買い
・支えてくれているラインを下抜いてしまったら売り

・ラインで上げないように止められている時は売り
・止めてくれているラインを上抜いてしまったら買い

どの時間足を使うか どう判断するか

私のやり方は以下の通りです。

・その銘柄の良しあしを調べるのは、日足

・エントリータイミングを見るのは 5分足

です。

例えば、直近テリロジーに入った理由は、日足を見ていて上がりそうだと思ったからです。

日足で「想定①」のラインに沿って動いたので、このままラインを割らずに移動平均線に届けば上がると思っていました。

そして監視していましたが、ローソク足がラインを割ってしまいます。

ここであきらめずに監視を続けたところ、「想定②」で、移動平均線にぶつかり、ラインを再度超えてきたので、エントリしました。

結果は、20%の爆上げです。

このトレードは、ラインを引いて、そのまま維持されれば上に行く という想定が当たった例です。

次にエントリーのタイミングを計るには、5分足を使います。

これは、東海カーボンのエントリータイミングの判断例です。

兼業の私は、休み時間に判断するため、。この時には、赤のラインからコマ足が徐々にはなれたので、上に上がる力が強いと考えてエントリーしましたが、一番確実なのは青線を超えたタイミングで入ることだと思います。

青を超えたら、下がる確率は減るので、勝率が上がります。

あと、気づくのは、ラインを超えると動きが加速することです。

例えば、東海カーボンの例でいうと、下がると考える投資家(売り方)と、上がると考える投資家(買い方)が、上下のラインを基準ににらみ合っているわけです。

そこで、青ラインを超えた場合、下がると考えていた投資家(資金)が、一気に買い戻しにはしるので動きが加速します。

このことから、ライン引くと、相場の変化をとらえることができると思います。

ライントレードまとめ

まず、難しさ(デメリット)から

・個人の相場観が反映されるので、個人間にばらつきが生じます。

・有効な位置を見つけ、そこからシナリオを読むには、ある程度の練習が必要です。

しかし、メリットは大きいです。

・相場を理解しやすくなります。

・日足では、銘柄の良し悪しが開かります。

・5分足では、エントリータイミングが分かります。

習得が難しいかもしれませんが、習得すると本当に武器になります。

まずは気楽な気持ちで、線を引いてみてください。是非、試してみてください。

私のブログで毎日チャートを出しているので、それを見ながら、自分ならこうすると考えると、習得が速いと思いますよ。

おもしろそうだ
やってみよう
そんな記事を書いていきたいと思います。
ぜひ応援お願いします。


トレード日記ランキング

-勝つためのノウハウ

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.