日経225先物取引

日経先物取引 教材「スーパースキャルピング225」導入と第一週の成績について

更新日:

8月後半より、少しづつ学習を進めている、日経225先物。

最初は自分でチャート読みをやってトレードしていましたが、参加開始から時間がたつにつれ、どんどん勝てなくなるという事態が発生。

9月の中旬で、投入した資金に対し。10%近いロスを出したため、自力での学習をやめにしました。

日経225ミニ デイトレテスト1週目-4週目 レンジ相場に対応できず惨敗 スイングトレーダーの挑戦

そして、いろいろな株関係のべージや、友人からの情報を集めた結果、ある教材に注目しました。

それが、「スーパースキャルピング225」という情報商材です。

 

トレードのメンタルの持ち方で参考にさせていただいている方や、友人からの情報、信頼しているページにも紹介されていて、気にはなっていたのですが、今週9月30日に購入し学習しています。

すでに、10月1日~5日までの1週間テストトレードをやっており、プラスの結果になっています。

今後、この商材を使いながら結果を掲載し、良ければおすすめしていきたいと思います。

今日も良い情報が出せていたら幸いです。
応援のクリック、よろしくお願いします。

トレード日記ランキング

日経225先物の魅力とは

まずは基礎的なことは、この章の最後の記事のリンクを見てください。

基本的な魅力は以下の通りです。

特徴1 証拠金にレバレッジをかけて取引できるため、資金効率が良い。

特徴2 相場の下落局面でも、空売りで利益を得られます。

特徴3 夜間引き出来るので、サラリーマンが参加しやすい

あと、一番の魅力は、取引の対象となるものが、日経平均先物だけなので、株のように毎日多くの銘柄を対象に動きを確認することがないことです。

株で言えば、トヨタ株だけを相手にすればいいのですから、学ぶ量も経験の蓄積もすごく効率が良くなりますよね。

日経225先物取引を研究中です。兼業スイングトレーダーの一つの選択

使い始めた教材「スーパースキャルピング225」とは。

スーパースキャルピング225は、日経225先物を短期で売買するトレード方法です。

スキャルピングは、数秒~数十分の短期の株価の値動きを切り取って、利益にするトレード方法です。

短期で決着をつけるため、私のメインの投資方法「スイングトレード」に比べ、日を跨いだ持ち越しがないので、トランプ発言などで急に暴落するというリスクがないメリットがあります。

またスキャルピングは、取引の時間が限られるサラリーマンに向いた手法です。

この商材は、以下のメリットがあります。

  1. スキャルピングのやり方を丁寧に説明し、勝率の高いロジックを与えてくれます
  2. MT4というチャートソフトを使い、売買タイミングを表示するインジケーターで、トレードをサポートしてくれます。
  3. サポートが丁寧で素晴らしい。

とくに3のサポートは素晴らしく、実際の取引でうまくいかなかったこと、疑問に思ったことを、チャートのスクリーンショットと一緒にメールで質問したところ、すごく丁寧な回答を長時間の動画で取り、それを送っていただきました。

(実際は、YOUTUBEサイトにアップして、そのリンクを送っていただいた。)

いままで、いろんな商材を買いましたが、これほど丁寧な回答をいただいたことがありません。

LINEでの質問も受け付けているようです。

あっ、すいません。「5日株トレード法」も、動画ではないですが丁寧なメールでの回答いただいています。(笑)

また、メンバー専用サイトがあり、頻繁に作者のトレードの振り返りが動画でアップされていて、非常に参考になります。

 

あと、2のチャートソフトを使ったサポートですが、日経225の動きがつかみやすくていいですね。

音でも知らせてくれるので、自宅で仕事をしながらチャンスを待つこともできて、非常に時間効率がいいです。

公式の勝率は

勝ち62% 負け28% 引き分け10%

勝ちトレード平均 25.9円(1枚あたり)、負け平均 13.7円(1枚あたり)

で、利大損傷の典型的な成績になっています。

この成績がでれば、確かにいいですね。

勝てるようになるのか。

使い始めて1週間の感想です。

・メリット ロジックが簡単

MT4のインジケータのシグナルと、トレンドの状況、移動平均線との関係について裁量判断を加え取引を行います。

基本ロジックは、3種類。

その内容も難しいものではありません。覚えやすいと思います。

・デメリット 裁量が必要

ロジックは簡単です。しかし、インジケーターのシグナルは、結構発信されます。

ですので勝率を上げるには、シグナルが出た瞬間には、従うべきか否かを判断する必要があります。

その判断を裁量と書きました。

もちろん、その部分も教材には書かれています。

 

これで、勝てるようになるかは、今後追尾します。

学習開始後1週間の成績(2018年10月1日-10月6日午前2時)

勉強開始後、同時にリアルトレードを始めました。

その結果が以下の通りです。

 

第一週の感覚としては、悪くありません。良いです。

 

勝率は、公式の数値62%と同じくらいです。

勝ち1回当たりの獲得する値幅が、公式が25.9円なのに対し、まだ12円なので、利益の伸びは小さいですね。

これは、値幅が伸びていくのが待ち切れず、利確してしまうのは原因です。

慣れてくれば、もう少し値幅が伸びるのw待てますから、改善していくことでしょう。

勝率も、もっとあげられるような気がします。

自分で勝手にやっていた時も、勝率90%を超えた時があったので、負けトレードを減らすコツをつかめば上げることができると思います。

 

実際、グラフを見ると、後半になるほど安定的に勝てるようになっているのが分かると思います。

 

グラフに深い谷があるのは、エントリー中に、一瞬で値動きが逆方向に50円動く瞬間に、2回ほど遭遇してしまったことが原因です。

負ける場合、多くても20円マイナスで逃げているのを、一瞬で50円近く動いたので、逃げ切れなったため、一回の被害が大きくなりました。

日経平均が大きく下げている日で、底値でのもみあいの場所でエントリーしてしまったので、その激しい攻防に巻き込まれたのが、原因ですね。

そういう日だとわかるようになれば、エントリーをすることを避ければいいですし、巻き込まれたとしても全体的に勝てると思えば、安心できます。

 

まだ1週目ですが、これから可能な限り毎週報告していきたいとおもいますので 、興味がある方は待っていてください。

 

前提条件

・初期資金は20万円

・日経先物は、まずは225ミニ一枚で運用開始します。
225ミニ1枚は、100株相当。日経平均が5円動けば500円となります。

結果

全取引 負け 勝ち 勝率
回数 12 20 63%
合計額 -18984 24860
値幅(円) -15.82 12.43
損益 5876
利益率(利益/初期資金) 2.94%

 

 

「スーパースキャルピング225」をやり始めて、良かったと思ったこと。

今週末、ブログに書いたように、スイングトレードのほうで自分的にダメージを受ける負け方をしました。

もうしばらく、ポジション全部閉じて、引きこもって、勉強しなおそうと思ったくらいです。

でも、日経先物の勉強はしようと思って学習しながらチャートソフトを見ていると、チャイムが鳴ってエントリータイミングを知らせてきました。

チャートがいい形だったので、入ってみると、うまく勝つことができました。

その後、何回かエントリーしたら、連続で勝つことができました。

(さっきの結果グラフの最後のほうです)

 

これで、思ったのは、トレードスタイルが2つあるのは、助かるなあということです。

片方が調子悪くても、片方が安定していれば、非常にストレスが減ると感じました。

スイングトレードは、日を跨ぐので、突然の市況の変化にさらされる弱点があります。

一方で、日経先物のスキャルピングは、日を跨がずに市況の変化に強い強みがあります。

 

なので、スイングと、スキャルピングの両方のスキルがあれば相互補完になるので、メンタル的にも安定するなあと感じました。

 

じつは、求められるチャート読みのセンスは、一緒なんですよね。スキャルピングもスイングも。

まとめ

日経先物の取引の手法として、「スーパースキャルピング225」を始めました。

手法は分かりやすく、サポートもよい教材でお勧めしたいと思います。

開始1週目の成績は、3%の利益で終わることができました。

改善の余地はあり、もっと勝率を安定させて、利益の伸びを伸ばせると感じました。

私のメインのトレードスタイルはスイングですが、2本目の柱としてスキャルピングを使って、メンタルと収支を安定させたいと思います。

 

 

-日経225先物取引

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.