未分類

日経225ミニ先物 結果。値幅10円って何? 12月25日 勝率100% +75円 利益率10% 

投稿日:

皆さん、こんばんは。ヨシさんです。

今、日経225先物(夜間)で、スキャルピングのトレーニングしています。

教材は、「スーパースキャルピング225」を使用しています。

今スキャルピングを学ぶ理由は、最近の乱高下相場では、スイングトレードと相場の時間軸がずれていて、利益につながりづらいからです。

毎日コロコロ相場が変わる今は、スキャルピングが良いと考えて、取り組んでいます。

日経平均1000円超 下落。先物市場は焼け野原

今日は22時くらいから入ったのですが、分当たりの枚数が数十枚とか、まったくボラタリティのない状態でした。

動き値幅が10円って、実質インアウトで値幅が出ないんですよ。(日経先物225ミニの基本単位は5円)

しかも、値段が遷移するのに、枚数が少ないから数分以上かかるし、ポジションを入れたらそのまま現値撤退で-5円確定かってくらい、動かない状態でした。

これまで、15円幅のレンジは、暴落や海外市場が休みの時とかに発生することがあって、そこに立ち会ったこともありますが、10円は初めてですね。

 

15円なら、何とか5円取れるですよね。それでもリスクが高すぎますが。

10円は、無理ですね。

 

さらに今日はNY市場が休みなので、23時30分以降にバランスが崩れる瞬間を狙うことも難しい。

そんな待ちの姿勢(悪いわけではない)で、チャートを見ていたら、疲れからか意識が落ちてしまいました。

 

次に目が覚めたのは、23時30分。いつもならNY市場の資金が一気に入って、バランスが崩れ、トレンドが変わるタイミングですが、今日は静かな状態でした。

「あーやっぱ今日はだめか、ブログの25日の記事書いてないから書こう」と思って、チャートから目を離そうとすると、若干レンジブレイクの動きがあるような気がしました。

それは、本当に5円動いたって感じですが、出来高も増えるように見えるし、これは動くのかと監視することにしました。

結局、そこから10円ほどブレイクして、ブレイクと判断できると思い、エントリーしました。

ボラタリティがないから、逆方向のエントリーがあると、反対側に跳ぶ可能性あります。

だからそこは、跳んだらロスカットを準備して挑みました。

 

結果、25円ほどの値幅を取れるブレイクを取れました。(チャートの最初の青丸)

 

その後も、同様の形状のブレイクアウトがチャートに出たのでエントリーし、同じように25円の値幅を取れました。

 

今日は、合計3か所でエントリー、3連勝でした。

 

追加マニュアルができてから、値幅が小さくても負けづらくなったなと感じています。

でも、今日は見送ってもよかったかなとも思います。

まあ、結果オーライですが、リスクも高かったかなと反省しています。

 

12月25

3戦3勝

勝率(引き分けのぞく)  100%
獲得した値幅      75円 
利益率         10%
時間          4時間

負け最大        0円

追加マニュアルサポート情報

今日の私のエントリー場所です。

青矢印が、利益になった場所。青丸が利確ポイントです。

今日は、MT4が動いていません。(海外市場が休みのため)

でも、追加マニュアルが理解できていれば、カブドットコムだけでエントリー可能でした。

エントリー位置(NY市場時間)

 

まとめ

そろそろ大負けの気配がする中、まだ集中はできていると思います。

雑にならないように、ルールを守っていきたいと思います。

 

スーパースキャルピング225」は、その有力なロジックの一つだと思います。

明日も、しっかりとメンタルと整えて、挑みます。

このブログを応援してくれるお礼として、リンクから教材をお買い上げいただいた方には、私が作成した追加マニュアルをお付けしています。

スーパースキャルピング225」は素晴らしいツールですが、裁量で判断する必要があります。

その時、サインは出ているのに逆行するとか、なかなかブレイクしないといった問題を解決するヒントとなる情報です。

すでに、追加マニュアルを読んだ方から、勝率が上がったといううれしい声も届いています。

 

応援が励みになっています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。


トレード日記ランキング

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村

-未分類

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.