トレードの記録

24000円を巡る攻防 20200122

投稿日:

いつも応援していただき、ありがとうございます。

昨日24000を大きく割った株式市場ですが、一転今日は回復を狙います。

日中はつよきで回復しますが、夜間は再度下げられるというシーソーゲームになりました。

結局、上げ下げどっちでも勝てるというのが、必須の相場だということです。

その中で、今は日経225の先物に取り組んでいます。

今日の結果は?

 

応援ありがとうございます。
クリックが更新のモチベーションです。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

日経225先物は調整局面でしょうか。

私がやっている手法はスキャルピングです。

そのメリットは、上げでも下げでも、値が崩れて動けば利益になるわけです。

それも短期で。

ただ、動きが速い分、決断力が求められる処方です。

 

日経先物をやっている理由は、チャートが非常にわかりやすいことです。

ある意味コツが分かれば、高確率で勝てるのが日経先物です。

もちろん、チャートを読む力は必要です。

ただ、条件判断がどこで発生するかが分かりやすいので、判断のあっている間違っているの判断が、すぐにできるため損失を抑えられるのです。

例えば今日のチャートですが、何本下線を引いていますが、そこは、ある程度もみ合った場所です。

売り方買い方が交錯した場所に線を引いています。

 

要はそこから上に行くか下に行くかを見極めれば勝てるし、逆に行けば負けるので、ロスカットすればいいのです。

この判断をサポートするのが、「スーパースキャルピング225」や「5日株」のロジックです。

 

今日は、赤の線の間が取れる場所で、値幅は書いた通りです。

 

個別銘柄も同じ考えでやっていますが、個別銘柄はこれほど素直に反応しないので、ホールド期間が長くなり、結果含み損を抱えることも多いと思います。

それに比べ先物は、動きが素直なので、習得も簡単に感じます。

とにかく、どこで判断が入っているか、その視点で考えれば、なかなか負けなくなると思います。

2020年1月21日

日中  1戦1勝 +125(ミニ1枚で12500円の利益)
ナイト 1戦1勝 +50円 (ミニ1枚で5000円の利益)

「スーパースキャルピング225」チャレンジの応援の感謝と、追加特典について。(2019/08/24更新)

 

個別銘柄は、チャンスなしでした。

朝注目の3枚柄でしたが、

3042 セキュアヴェイルは、終値超えれず

6157  日進工具は、最初の3分でピークに行って、追撃できず

8848  レオパレス21は寄り付きは、前日終値を超えていい感じだったんですが、そのまま落下。

という結果でした。

地合いが悪く、なかなか伸びる銘柄を当てれないのがじれったいですが、逆に言いと無駄なrントリーをしていないといえると思います。

 

個別は、無理せず、当たればがっつり取るでいきます。

 

-トレードの記録

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.