日経225先物 情報&集計

日経225スーパースキャルピングの練習環境完成。リアルタイムでも使えます。(19年8月24日更新)

更新日:

あけましておめでとうございます。

先ほど実家から帰還しました。

思ったほど雪の影響、規制の渋滞の影響はなく、予定時間で帰宅することができました。

さて、結局実家で年を跨いで5日間ほど滞在することになりました。

久しぶりの長期の滞在に、昨年の脳関係の病気で倒れ入院中の父も、あまり体調はすぐれなかったようですが機嫌がよく、母も私が父と会話することで、父が病気に対してポジティブになれると喜んでいました。

久しぶりに親孝行ができた気がします。

日経225スーパースキャルピングのトレーニングについて

さて、年明けの記事で書いたように、いま、日経先物の練習環境を構築しています。

スーパースキャルピング225」は非常に良い教材なのですが、最大の弱点として練習がやりづらい弱点があります。

教材では、売り買いのシグナルの発生に、MT4という非常に有名なツールを使っています。

しかし、MT4のシグナルが100%信頼できるわけではなく、チャートの形を見て裁量を行う必要があります。

この技量が、資産の増え方を決めるといってよく、練習が必要です。

しかし、残念ながら、教材の練習環境は使いやすいとは言えません。

リアルタイムは、チャートを見ながら売り買いを記録していけばできますが、それでは実トレードと同じ時間がかかってしまいます。

過去の記録から練習ができればいいのですが、教材の環境では難しいです。

なぜならば、MT4のデータは大阪証券取引所の先物のデータではなく、海外の証券取引所のデータなのでズレがありますし、何よりチャートの時間軸が圧縮されて表示されるので、リアルのチャートの動きと異なります。

なので、過去チャートのトレードの練習は非常に時間がかかって、難しい状態でした。

でも、自分が過去失敗したところなどを繰り返し見直すことが、必須だと思うんですよね。

だから、正月の5日間で、必死に作りました。

TradingViewの練習環境

その環境はこんな感じです。

TradingViewで構築してあります。

TradingViewには、Pineというプログラム言語が実装されており、今回の練習環境はそのPineを使ってプログラムしました。

実は学校卒業後(はるか昔)、しばらくはプログラマで食っていましたから、その経験が役に立ちました。

「日経225スーパースキャルピング」でつかうインジケーターを、TradingViewに実装してあります。

この環境の良い点は、20日間以上のバックデータがあるので、1か月弱前からの市場の動きをシミュレーションができます。

カーソルの右左でチャートを進めたり、戻したりできます。

ですので、損失が大きかった部分は、何度も納得いくまで、判断のブラッシュアップが可能です。

何度もやるので、精度も上がりますし、今まで気づかなかった兆候に気づいたりできます。

正月の間、夜を徹してプログラムして、その後12月10日からのトレードをやり直してみました。

結果、今まで大負けしたいたところで、それを防止する方法に気づきました。

これで負けが減ると思います。

実際、1月4日の深夜の日経先物も、安定して勝つことができました。

 

驚くのは、このシミュレーション環境でも、値が飛べば驚きますし、感情がかき乱されますし、判断が無茶苦茶になります。

本当にリアルなシミュレーションができるなあと感じています。

さらに、このシステムはリアルタイムでも使用可能です。

さらにデモトレード機能も追加(19年8月24日)

日経225ミニは、資金効率の良い魅力的な商品です。

しかし、逆から見ると、負けると損失が大きい商品です。

ですので、日経225を始めてみたけど、損失が大きく、耐えかねて退場する人も多いと思います。

出来れば、デモトレードで練習して、確実に利益が出せるようになったら、リアルマネーをかければいいと思います。

株式市場で、リアルタイムで板の動きまで再現したデモトレードは存在しませんでした。

しかし、最近TradingViewの機能で、リアルなデモトレードが機能として付け加わりました。

これを使って、市場の動きをリアルに体験できます。

ぜひご活用ください。

この環境を、特典として提供します

いつもブログを応援いただいている感謝として、私のブログから「スーパースキャルピング225」を購入いただいた方に、TradingViewの練習環境を提供します。

ご希望の方は、スーパースキャルピング225をリンクから購入したうえで、コメント欄か「お問い合わせ」に公開してあるメールアドレスに連絡ください。

内容は、

・TradingView環境の構築
・インジケーターのインストール方法
・練習方法

になります。

TradekingViewで練習を行うには、TradingViewで会員登録が必要です。

大阪証券取引所の先物のデータを使うには、有料の会員(1000円/月ほど)になる必要があります。

1か月は無料ですので、お試し期間中にいっぱい練習すると良いと思います。

最後に

久しぶりにプログラムをして、非常に楽しかったですね。

Pine言語については、ほとんど情報がなく、調べるのは大変でしたが、楽しめました。

今後、この練習環境をさらにブラッシュアップして、実トレードにも役立てたいなと思います。

楽しみにしていてください。

応援が励みになっています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。


トレード日記ランキング

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村.

 

 

 

 

-日経225先物 情報&集計

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.