勝つためのノウハウ 日経225先物取引

日経225先物取引を研究中です。兼業スイングトレーダーの一つの選択

更新日:

ブログでたまに書いていますが、日経先物取引を勉強しています。それはなぜかといいますと、兼業トレーダーとして、リアルタイムで相場に触れる機会を増やしたいという思いがあるからです。

もちろん収入も増やしたい。

私はサラリーマンで、技術職、打ち合わせや実験が多いので、昼間相場を確認できるのは休み時間のみになります。

そうすると、馬忠の値動きを見ることができず、分析をする際に感覚がしっくりこない時があります。

例えば、下落相場などは、仕掛ける側はいかに恐怖で支配するかを考えてチャートを動かしていますし、爆上げ前の一瞬のきつい下げなどは弱気なプレーヤーを振るい落とすためにチャートを動かします。

それは、業務が終わって帰宅後に、5分足や1分足のチャートを見ればわかるのですが、その場にプレーヤーとしているわけではないのでどこか距離感があります。

ですので、相場の値動きに触れる機会が欲しいと思い、夜間取引のある日経平均の先物取引に興味を持ちました。

個別株式でもPTSなど夜間取引はあるのですが、取り扱い量が少なすぎてトレードではありません。

いま、まさに研究の最中ですが、勝率は悪くなく、いきなりプラスも狙えそうです、。

今は、デモトレードですが、自信がついたらリアルトレードに移ります。

そうしたら、このブログでもどんどん報告してきますが、その前にすでに日経225の先物取引に興味がある人もいると思うので、簡単に紹介したいと思います。

 

geralt / Pixabay

 

先物取引ってなんですか

「ある資産」を「現在の価格」で「将来のある特定の日まで」に取引することです。

むずかしいわー!(怒)

私なりの解釈で言えば、これから上がると思えば買って、これから下がると思えば売る商品です。

じゃあ、株と何が違うの、一緒じゃん。

株と違うのは、「将来のある時点」のことをSQと呼び、その時点で先物は強制的に決済されてしまうことです、

また、先物取引の特徴として、「証拠金取引」制度があります。証拠金取引とは、総代金の一部を証拠金として担保にその何倍もの金額を運用する取引を指します。

資産の何倍の取引を行うというのは、株式の信用取引と一緒ですよね。

小さな金額を預けて大きな金額を動かす原理を、小さな力で大きなものを持ち上げることができるてこ(レバレッジ)になぞらえて『レバレッジ効果』といいます。

日経225先物取引

「日経225先物取引」とは、日経平均株価(日経225)を対象とした、先物取引を指します。

 

特徴1

売買の際は、証拠金にレバレッジをかけて取引できるため、相場が有利に変動すると大きく収益をあげることができます。

しかし、不利な方向に相場が変動すると損失が大きくなり、証拠金が不足することがあります。

特徴2

相場の下落局面でも、株高で売って、株安で買い戻すことで、売買差益を得ることができます。

特徴3

取引時間が長いです。

『日中立会(ディセッション)8:45~15:15 』の他にも、『ナイトセッション 16:30~翌5:30』の間も先物取引可能です。

昼間勤務のサラリーマンに向いています。

ミニとラージの違い

日経225先物取引(ラージ)の最低取引単位は日経平均株価(日経225)の1、000倍です。

日経225mini(ミニ)は最低取引単位が、その10分の1の100枚です、。

個人投資家でも、トレードしやすいのが、日経225mini(ミニ)です、

例えば日経平均株価が2万3000円だとしたら、「ミニ」1枚は(×100で)230万円となります。「ラージ」1枚は、(×1000で)2300万円となります。

ここからは現実的に「ミニ」の話に絞ります。

現物取引ならそのまま「ミニ」は230万円用意しなければ買えませんが、先物ミニなら、証拠金と呼ばれる担保金を預ければ、取引できます。

証拠金は1枚当たり6万3000円と、現物取引の場合(230万円)より少額で取引可能です。

もし利益が出たら、証拠金は戻り、利益になります、

たとえば23000円で買って、23100円で売れれば、100×(23110円-23000円)=10000円が手に入ります。

10円上がるだけで、利益は1000円÷23000円で4.3%になります。

少額の資金で始められ、利益も大きいのが特徴です。当然損失も大きくなります。

まとめ

・先物取引とは、将来の受渡価格を現時点で決める取引のことです。金額に変化があった場合、差額を支払います。

・日経先物とは、日経平均株価指数を売り買いする取引です。

・「証拠金」を預ければ、それを担保に大きな金額の取引に参加し、より効率的に利益を狙うことも可能になります。

・日経平均の先物取引には、「ラージ」「ミニ」があり、ミニは100枚から始めれます。

毎日応援クリックありがとうございます。
今日も良い情報が出せていたら幸いです。
今後も応援お願いします。

トレード日記ランキング

 

-勝つためのノウハウ, 日経225先物取引

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.