兼業トレーダーでも株取引で勝てる方法を考え、日々掲載しています。特にエントリーの判断はチャートも交えて書いています。

スイングトレードで勝つためのブログ

ブレイクアウト

スイングトレーダー最大の武器 ブレイクアウト

更新日:

ブレイクアウトとは、過去の高値・安値で意識される抵抗を突破するときに、大きなトレンドが生まれることを現象です。

この現象が発生すると、値幅が大きく動きますし、トレンドも長く継続される可能性が高いですから、これを利用すると大きな利益が取れます。

言葉だけでは、なかなかイメージしにくいですよね。

この記事を書いた直近でいうと、「アイロムG」という銘柄が、高値抜けでブレイクした例です。

2000円近辺でブレイクしたあと、営業日で10日で1000円の価格上昇が発生しています。

つまり、投入した資金の50%が利益となる可能性がある、非常に力のあるブレイクです

実は、これが、月に何回も(相場が上げトレンドなら毎日でも)発生しています。

もし、ブレイクアウトを判断できる力があれば、自分の資金を増やすのも容易だということは、ご理解できると思います。

何故ブレイクアウトが起きるのか。

なぜ、ブレイクアウトが起きるのか。

それは、相場の参加者が、高値・低値を意識するからです。

先ほどの「アイロムG]でいえば、直近の高値に、何度かローソク足が接触しているので、意識されていることがわかります。

買い方は、高値を超えて伸びることを期待して、株を購入します。

売り方は、高値を上限に下がると思って売ります。

そのバランスで、株価は動くのです。

しかし、いったん高値を超えると、売るほうは撤退するので、より買い側が優勢になって、大きく動くわけです。

でも、ブレイクアウトが起きても、大きい場合もあるし、小さい場合もあります。

発生したトレンドが、長く続くこともあるし、すぐに終わることもあります。

高値も、直近か、数回前か、判断しなければなりません。

でも。いつブレイクするか、どの価格が意識されているか、「環境認識」と呼ばれる判断が、難しい部分ですね。

 

ブレイクアウトを見つける方法

では、どうやってブレイクアウトした銘柄、これからブレイクアウトする銘柄を見つけたらよいのでしょうか。

現在、日本の株式市場に上々されている銘柄数は3600(2018年2月)。

しかも、日々刻々と価格を変えていきます。

これらの中から銘柄を選ぶのは、困難だといえるでしょう。

例えば、100銘柄くらいに絞って、毎日監視することは可能でしょう。

でも、それでは、肝心のブレイクアウトが発生する確率が下がります。

全銘柄を効率よく監視し、ブレイクを予測・発見できれば、ひと月に何度も発生することにことになります。

その中に、10%以上伸びる、お宝が埋まっています。

だから、その見つける方法が重要なのです・

5日株トレード法とは

このブログでも、何度も紹介している「5日株トレード法」は、ブレイクアウトを予測したり、発生したブレイクアウトを見つける効率の良い手法です。

ブレイクアウトの宝庫を見つけるために、スクリーニングという方法がとられます。

スクリーニングは、この手法の作者が、長期にわたり検討し、検証した条件で、ブレイクしそうな銘柄を抽出します。

そうです、このスクリーニングによって、「ブレイクしそうな」銘柄のリストを手に入れられるのです。

あとは、教材に紹介されたパターンを探し、さらに銘柄を絞り込み、参戦するわけです。

私の、株式市場での戦い方は、この5日株トレード法に基づいています。

さらに勝率を上げるために

さらに、私は、友人たちと研究会と作り、さらに安全に利益を取れる方法を模索しています。

5日株の条件を使いつつも、さらに安全になる方法を日々考えているわけです。

いつエントリーして、いつ撤退すればいいのか.

それらの研究過程の取引は、私のブログに記載されています。

今のところ、トータルでは大幅プラスを維持しています。特に2018年1月から2月の、日本市場の大幅下落も生き延びています。

「5日株トレード法」に興味を持ち、使ってみたいという方は、是非このサイトを通じて購入ください。

特典として、私が「5日株トレード法」を使うときのノウハウをまとめた資料や、取引の判断過程をまとめてお渡ししています。

特に、判断家庭のまとめは、どうやって参戦を決断したか、なぜ撤退したかが詳細に書かれており、購入者様に非常に好評をいただいています。

是非検討ください。

-ブレイクアウト

Copyright© スイングトレードで勝つためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.